2005年度末レーシック手術にて近視脱出計画
    手術体験動画配信中!レーシック専門視力矯正クリニック【神戸クリニック】東京・神戸・小倉

    視力がめちゃ良くなる!

    2005年12月25日に手術しましたレーシックです。
    視力が1.5まで回復しました!
    詳細はブログ内で報告中です。 今ならキャンペーン中で安い!!
    これを機会に手術を!(^O^)w

    無料説明会はこちら
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよレーシック手術です。

手術30分前に到着。
昨日来たときには、待合室に3、40人ぐらいはいたお客さん(患者さん?)も今日は4,5人ぐらい。
広々と席を使い映画を見てると時間道理に呼ばれました。
いきなり切るのかとちょっとドキドキ。
そんなわけなく検査からです。
前日にした検査を軽く確認程度にしていきます。

そしていよいよ執刀です!
頭に帽子(髪の毛が飛ばないように袋状になったビニールのやつ)をかぶり、名前の確認です。
「悠啓さん、両目の手術ですね?」
「はい」
2回ぐらいは確認されます。
確かに間違えられては叶いませんからね(^^ゞ

さて、フラップを作るための部屋に入りました。
横に寝かされます。
この時点からドキドキでした(^人^;)
この部屋でフラップを作ります的な説明を聞きます。

その後、最初に目の麻酔です。
麻酔はこれだけです。
そして機械の下に通されます。
もともと近視なのであたりはよく見えません。
なのでよけいにドッキドキ。

医者「前に見えるLEDの光を見ててくださいね」
医者「それじゃ、まばたきしないように固定しますね。」
   
といわれてクリップ?みたいな物をされます。

悠啓心の声「よし!まばたきは間違いなく出来ん!LEDに集中!」

と自分の中で納得してると、
「吸引します」
とナース(助手?)の声。

(・_・?)と思ってると・・・

「おわつ!!」

と思わず言っちゃいました(^^ゞ
いきなり視界が真っ暗になるんです。
正確に言うと真っ暗というよりは目を閉じたときに見える光景、貧血したときに見える光景が見えます(見えない?)。
こうなるとLEDの光は見えません。
というかまっすぐ見てるのかも疑問です。

続いて
「30秒です。」とナースの声。
「20秒」
「10秒」
と将棋の名人戦のようなカウントダウン。
「終了です。」

あっさり右目終了です┓( ̄∇ ̄;)┏
痛みは麻酔が効くのが遅かったのかカウントダウン中にチリチリしました。
たぶんレーザーで切ってるときの痛みでしょう。
といっても、痛みと呼べる物でもありません。
表現すると・・・チリチリですm(_ _)m(表現力0!)

即、左目です。
同様に吸引らしき物をされてカウントダウン。
「43秒です」と、ナース。
左右一緒というわけではないみたいですね┓( ̄∇ ̄;)┏
こちらは麻酔のおかげで痛み無し。
あっさり終了。

さて入ったときに思ってたのが、フラップ作る部屋と削る部屋は別なのかと。
移動は?
フラップ作ったらもう寝たきりかと思いきや、歩いて移動です。
甘ったれるなと?( ̄□ ̄;)
確かに切っただけなので見えます。
剥がれてないし、まばたきしたくらいでは剥がれる心配もないそうです。
確かに術後も縫ったり何もされませんからねー。
でもビックリでした。
歩くのかいっ!!って感じでした。

駄文:
長いので途中で切りますm(_ _)m
記憶もずいぶんおぼろげになってます。
申し訳ございません。
スポンサーサイト
このブログが(´▽`)イイと思ったら人気blogランキングへ

テーマ:お知らせです。
ジャンル:ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。